Let Creators be Creators
Let Creators be Creators
Let Creators be Creators

Let Creators be Creators

超えていくつくり手たちへ

超えていく
つくり手たちへ

つくること、描くこと。それは
小さなトライを反復して
理想のイメージへ向かう心躍るプロセス。

たとえば風になびく細い髪。
雨上がりの路面に映る陽光。
深海や宇宙を照らす幻想の輝き。
あらゆる色と光、影やゆらぎ、
あるいは心の中にある
まだ誰も見たことがないものに
その手で形を与える
すべてのクリエイターのために

世界を超えていける
直感とテクノロジーを。

アイデアを解き放つ、
スピード静音性

プログラマー中村勇吾

プログラマー
中村勇吾

画面いっぱいに広がる未体験の光景、
かつてない操作感。
世界が注目するインターフェース
デザインの旗手・中村勇吾。

繰り広げられる圧巻のインタラクション、
複雑なリアルタイムグラフィックス。
進化し続けるそのアプローチを、
ConceptD 500のスピードが
スムーズに具現化。

高負荷な作業にもコマ落ちしないパワー、
精細なグラフィック処理、
発想力を高める静音性。
ミニマルなデザインに理想の機能を搭載し、
先鋭的なビジョンを実現します。

詳しく見る
中村勇吾 プログラマー

中村勇吾 プログラマー

画面いっぱいにうごめく、おびただしい数の人間たち。その動きが無数に集まり、波打つ巨大な群集となって、まったく新しい光景を創り出していく。インターフェースデザイナー、プログラマーの中村勇吾が初めて手がける本格ゲーム作品『HUMANITY』。PlayStation 4とPlayStation VRで2020年にリリース予定の先行トレーラー映像が、世界中で大きな話題を呼んでいます。「個人では理性的な人間が、集団になると互いに対抗心を燃やすなど、別の生き物のように振る舞うようになる。その感覚を、新しいアングルから表現しようとしています」。

中村勇吾 プログラマー

中村が2004年に設立したtha ltd.は、ウェブやアプリケーション、空間全体の演出まで、カッティングエッジな作風で知られるデザイナー&プログラマーの精鋭集団。なかでも今回の作品は、新たな挑戦だと語ります。「これだけの人々を同時かつ、なめらかに動かし続けるにはどうすればいいか。数年かけてプログラムをチューンナップし、ゲーム機上で数千人を同時に処理できるようになりました」。その探求はまさに、CPUやGPUなど、マシンスペックの限界への挑戦。「できるだけ速い処理性能と、シンプルなデザインを兼ね備えたPCを持っていたい。いまのゲームは毎秒60フレームが標準ですが、僕たちが日ごろ目にしている現実のフレームレートは、いわば無限。自然のすごさをお手本に、新たな気づきにつながるユーザー体験を発信していきたいですね」

ConceptD 500

ConceptD 500

最先端領域のクリエイティブ作業に対応する、プロフェッショナル向けのデスクトップPC。第9世代インテル® Core™ i9プロセッサー、最大5GHz、8コア16スレッド、グラフィックスカードはNVIDIA® Quadro RTX™ 4000を搭載。ホワイトのボディ、木目調のトップパネルなどシンプルモダンな筐体デザインに、高速ストレージや各種ポート類、ノイズはわずか40dBと静音設計の冷却システムを装備。メモリは64GB DDR4-2666 MHz、ストレージオプションも優れた拡張性を備えています。リアルタイムグラフィックスなどの複雑な演算もより速く、理想的なワークフローを実現する、数々の機能を集約しました。

イマジネーションが踊る、
色精度描写力

CGアーティスト早野海兵

CGアーティスト
早野海兵

息を飲むばかりの美しさ、
圧倒的なダイナミズム。
日本の3DCGシーンをリードしてきた描画の匠、
画龍代表の早野海兵。

輝くパーティクルの1粒から、
テクスチャーの繊細な陰影、
1ピクセル単位の表現に至るまで。
徹底した美学が息づくその世界観を、
ConceptD CP7の描写力が隅々までビジュアライズ。

正確な色精度と鮮やかなコントラスト、
澄み切ったHDR品質のディスプレイ。
きわ立つディティールとリアルな重厚感で、
新たな息吹を描き出します。

詳しく見る
早野海兵 CGアーティスト

早野海兵 CGアーティスト

心を打つほどにみずみずしく、画面上をたゆたう生き物たち。光の軌道が無数に連なり、まばゆく立ち現れる宇宙の光景。CGアーティストの早野海兵が描き出す世界には、徹底した美学が息づいています。「CGに繊細な表現は難しいと思われていた時代から、一貫して人を感動させるような表現、エッジと高級感を醸し出す画づくりを心がけてきました」。その言葉どおり、1995年から3DCGの世界に携わり、2007年に株式会社画龍を設立。いわゆるCG制作会社とは一線を画し、TVCM、映画やミュージックビデオなど数々の舞台で、コンセプトからデザイン、フィニッシュワークまで、造形だけにとどまらないビジュアルワークを手がけてきました。

早野海兵 CGアーティスト

「重視しているポイントの一つが、ライティングによる陰影の表現です。映画の撮影現場のように、モニター上でも自分の目と同じ視点で考えることで、質感に感情がこもってくる。だからこそ、たとえ作品がテレビやスマートフォンで見られるとしても、できるだけ高解像度で緻密に作り込むスタイルは変えません」。そのためには何よりも、最高品質のモニターが必要だといいます。「HDR品質で発色もすごくはっきりと、細部まで目に飛び込んで浮かび上がってくる。どの作品もデジタルでありながら、自分の手から生まれた愛すべき子どものような存在です。いつまでも色褪せない作品を残せるよう、心に響くような画づくりを追求していきたいと思います」

ConceptD CP7

ConceptD CP7

緻密なデザインコンセプトから、CGアニメーション、動画の細部までを映し出す4Kモニター。PANTONE®認証済みカラー、△(デルタ)E1未満を誇る色再現性、Adobe® RGB比で99%、DCI-P3カバー率93%の広色域を実現。VESA DisplayHDR™ 1000認証済みの高コントラストとカラーパレットで、リアルかつ自然な映像を再現します。解像度3840×2160のきめ細やかな高画質と、144Hzまでオーバークロック可能な高速リフレッシュレートに加え、複雑な動画やアニメーション制作に応えるNVIDIA® G-SYNC® テクノロジーに対応。クリエイターに求められる数々の性能が、シンプルなデザインと融合を遂げました。

イノベーションを加速する、高精細度静音性。

プロダクト開発A.L.I. Technologies

プロダクト開発
A.L.I. Technologies

人を乗せて空中に浮かび、
滑るように疾走するホバーバイク。
その開発に日本で初めて成功した
テクノロジースタートアップ、
A.L.I. Technologies。

機体構造のモデリング、空力特性のシミュレーション、
ソフトウェアによる飛行制御まで。その膨大なタスクの数々を、
ConceptD 7の精細な画質と機動力が迅速にサポート。

飛行現場など、さまざまなシチュエーションに
応える処理能力と静音性に、
正確な色精度のディスプレイ。
マルチタスクな対応力で、
イノベーションのプロセスを加速させます。

詳しく見る
A.L.I. Technologies テクノロジースタートアップ

A.L.I. Technologies テクノロジースタートアップ

流れるような曲面で構成されたボディにパイロットが搭乗し、地上数十cmの高さを高速移動する日本初のホバーバイク『XTURISMO™(エックストゥーリズモ)』。未来の移動手段であるエアモビリティの開発を進めるA.L.I. Technologies(エーエルアイ テクノロジーズ)代表取締役会長の小松周平は、その可能性についてこう語ります。「砂漠や水の上なども移動できるエアモビリティは、自動車に代わるインフラとして期待を集める新しい分野。そのカギをにぎるのが、“空の道路”をリアルタイムにコントロールする飛行管制システムです。

A.L.I. Technologies

実現には膨大な演算処理能力が必要ですが、私たちは無数のコンピューターの空き領域をシェアして大容量の演算力を生み出す自律分散処理ネットワークを開発中。この技術を活用して、世界最大規模のGPU数を誇るクラウドレンダリングサービスなども提供しています」。機体のモデリングから、飛行試験時の性能解析、管制システムの基盤となる演算力シェアリング技術まで。開発現場には、シチュエーションを問わず高度な演算処理が求められます。「開発チームにとって、機動性とパワーを兼ね備えたノートPCは心強い存在になるはず。ちょうど『XTURISMO™』は、2020年中の納車開始に向けて、デザインや性能を徹底的に詰めているところ。ここを皮切りに、ドローンやクルマが自由に飛び交うエアモビリティ社会の実現を、加速させていきたいと思います」

ConceptD 7

ConceptD 7

オフィスから現場まで、場所を問わず高い処理性能を必要とするプロフェッショナルのためのノートPC。金属製ボディにGeForce® MAX-Q Designを搭載し、シンプル&スリムなデザインと高いパフォーマンスを両立しました。ボディ比81%の広さを誇る4K UHD対応ディスプレイは、Adobe® RGB 比で100%の色域をカバー。PANTONE®認定済みの忠実な色再現のもと、△(デルタ)E 2 未満の正確な色精度でクリエイティブな要求に対応します。ハイスピードな処理能力にマルチタスク性能、フルパワー使用時でも40dB未満の静音性など、多彩な機能を集約し、テクニカルワークをあらゆる場所へ解放します。

Creators’ Story

他のクリエイターの記事を見る

dhu

2019年度卒業生作品