モニターラインアップを5ブランドに再編! 高解像度、ゲーミング、普段使いまで多彩なモデルを 各販売店およびAcer Directにて販売中

2020年06月25日 プレスリリース

日本エイサー株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:詹 國良(ボブ・セン))より、モニター製品の新たなブランドを発表いたします。
モニターのラインアップを5つのブランドに分類し、各製品のカテゴリーを明確化。従来のゲーミングブランド「Predator」「NITRO」に加え、高解像度の「OmegaLine(オメガライン)」、ゲーミングに特化した機能満載の「SigmaLine(シグマライン)」、普段使いに最適な「AlphaLine(アルファライン)」を新たに設定しました。これにより、型番表記のみの展開による煩雑さ・わかりにくさを解消いたします。
購入の際にお客さまにとってAcerのモニターを選びやすく、親しみやすく感じていただくように努めて参ります。

Acer Directにて販売中

Amazon店
Acer Direct 楽天市場店
Acer Direct PayPayモール

acerjapan.com モニターラインアップページ

https://acerjapan.com/monitor/#series

各ブランドについて

●高解像度ライン「OmegaLine(オメガライン)」

4K、WQHD、湾曲大画面など、圧巻の映像美を楽しめる高解像度ブランド。ギリシャ文字の最後に当たる「 Ω 」をブランドネームに採用。最高峰、超高解像度をイメージしています。

写真はEB490QKbmiiipfx。4K(3840×2160)の高解像度、HDR10対応でダイナミックな映像を堪能できます。

●ゲーミングライン「SigmaLine(シグマライン)」

高リフレッシュレート、高速応答、ゲームに特化した機能など、快適・俊敏なプレイを可能にするゲーミングブランド。鋭く、スピーディなイメージの「Σ」をブランドネームに採用しました。

写真は左からKG251QIbmiipx、KG241QSbmiipx、KG221QAbmix。
リフレッシュレート240Hzの本格ゲーミングモデルから、カジュアルにゲームを楽しめるモデルまで幅広くラインアップ。

●スタンダードライン「AlphaLine(アルファライン)」

普段使いに最適なスタンダードブランド。ギリシャ文字の先頭である「α」をブランドネームに採用。スタートをイメージし、幅広くお選びいただけるよう願いを込めました。

写真はKA242Ybmix。高速応答1ms、フルHD(1920×1080)で動きに強く鮮明。ブルーライトシールドなど目に優しい機能も搭載。

●高機能ゲーミングライン「Predator(プレデター)」

コアゲーマーが追い求める革新的テクノロジーを搭載したゲーミングブランド「Predator」のモニターライン。

写真はXB253QGXbmiiprzx。リフレッシュレート240Hz、画面を鮮明に描画する「Game View」など、コアゲーマーのための機能満載。

●ゲーミングライン「NITRO(ニトロ)」

Predatorのテクノロジーを継承し、さらに幅広いゲーマーのためのゲーミングブランド「NITRO」のモニターライン。

写真はXV240YPbmiiprx。最速0.1msの高速応答、HDR10対応などを搭載し、一格上のプレイ環境を実現します。

※ ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

Your History
  • 読み込み中…